職業、元本屋さん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 続、書店員とウイスキー工場

<<   作成日時 : 2010/01/20 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

★★本日発売 漫画★★


ビューティー男 2巻
シザーマン 
ひめごと
18倫 5巻
ヨメイロちょいす 3巻
ウルフガイ 7巻
足利アナーキー 2巻
その他色々


★★地域により異なります★★



続、書店員とウイスキー工場


ウイスキー飲んだら底から金色のチケットが出てきたので、工場見学に行った…訳じゃないけれど工場見学へ行ってきました。
前回の記事はこちら


ではガイドツアー開始。ちなみに見学30分+試飲30分(実質20分くらい)です。


この山崎の地はは、日本百名水のひとつに数えられる“離宮の水”が採れる場所。
ここに約80年前、サントリーの創始者、鳥居信次郎さんが日本初のウイスキー蒸留所を作られました。
竹林に囲まれて、とっても爽やかなところです。四季折々に来るとまた違った雰囲気でしょうね。


ウイスキーの製造過程はパンフレットによると
製麦→仕込(糖化、濾過)→発酵→蒸溜2回→熟成(貯蔵)→ヴァッティンング(ブレンド)だそうです。
私お酒飲めないんで知らなかったのですが、ビールとウイスキーって途中まで製造過程一緒だったんですね(笑)
ビール:大麦麦芽使用、仕込み発酵まで。
ウイスキー:大麦麦芽使用、仕込み発酵、蒸溜2回、熟成。
2回も蒸溜しているので、ビールに比べてカロリー、糖分が少ないそうです。


入る部屋でそれぞれ匂いが変わってきます。


発酵は巨大な槽でしていて、匂いは酸味があります。
次が蒸溜

画像

まっすぐだったり、真ん中がふくらんでいたりと形の違う蒸溜釜はそれぞれ違う味になるそうです。
海外の蒸留所は同じ形しか無いそうで、視察に来られた時驚かれたそう。
日本人って発想が凄いな。


これで出来たのがニューポットと呼ばれる透明の原酒。展示してある透明のヤツは多分これ。
アルコール度数はウォッカ並みだそうです。


これを樽に入れて貯蔵熟成します。
画像

ずら〜っと並んでいるほんの一部。別の建物にもあるようです。
この部屋入ったとたん、木と多分お酒の良い香りがします。


見学はここまで、次は試飲。未成年、自転車、バイク、自動車で来た人はお酒は飲めないので、ソフトドリンクをどうぞ。

まずは一人一人にに未発売の山崎の美味しい水と、山崎12年(10年だったかも)のハイボール(ソーダ割りかなっちゃんか伊右衛門)を1杯づつ。
写真撮ってませんが、おつまみ4種類が付いてます。
私はなっちゃん、母はハイボール。試しに一口飲ませてもらったら、 
う〜んお酒の味がする(下戸の感想)

画像

左から山崎の水、山崎12年、なっちゃん。
ここまで来てウイスキー飲まないのも悔しいんで、別に飲める白州10年、山崎10年から白州10年をストレートで20mlほどもらい、なっちゃんに混ぜてみました。
ウイスキー+オレンジジュース+ジンジャエールのカクテル、クロンダイククーラー風。
名付けて大人のなっちゃん、白州出身
美味しくて2杯(白州20ml+なっちゃん2杯)飲みましたよ。
美術館に行くまで、私の顔が赤かったのは言うまでもありません。
あ、おかわり自由ですよ。


★カクテル大事典800★
カクテル大事典800
成美堂出版


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
実はカクテル本持ってます。飲めないけど見てるだけでも綺麗で楽しい。一番好きなのは生グレ酎(カクテルとは云わないな)


ちなみに白州はサントリー天然水が採れる、山梨県北杜市白州蒸留所で作られたもの。
シラスじゃなくてハクシュウと読みます。


試飲で飲めたのは10年12年でしたが、勿論もっとお高いのもあります。
10年、12年、18年、25年そして

★サントリー シングルモルトウイスキー 山崎 50年★50年間樽の中で熟成されたシングルモルトウイスキー。
お値段1100000円!
是非代引きで、宅配便の配達員に1万円札110枚渡して下さい(笑)


お土産コーナーにはウイスキー、ウイスキーケーキ、樽を再利用した燻製、ウイスキーボンボン等色々売ってます。
画像
左からお土産のグラス、スモークチーズ、母がバレンタイン用に買ったウイスキーチョコ(山崎)、パンフレット。


とても綺麗で、説明も解りやすかったので、お近くの方是非云ってみて下さい。
母は友達とまた行くと行ってました。
一駅先の長岡京にサントリーの京都ビール工場があるので、お酒好きな方は工場見学のはしごをしてみてはいかがでしょうか(笑)

行きたくなったらポチッと
↓  ↓  ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シリーズ別リンク集
ブログ内にある、なにげにシリーズ化になった記事をまとめてみました。 上の記事ほど新しい物です。 物によっては記事が重複している物もあります。 ...続きを見る
職業、本屋さん。
2010/01/20 20:53

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
花曜さんは 下戸でしたか〜勿体無いです。
行きたくなりました。樽が並んでる写真は
いいですね。雰囲気があって。
サントリーも大阪と縁が薄くなってきそうで
淋しいです。ボトルのラベルに大阪市北区堂島ってもう書かないのかな?
関係ないけどやっぱり「プリンセストヨトミ」
映画化して欲しい。大阪も頑張らなあかん!
関係ないコメントで・・
miyako
URL
2010/01/21 20:10
>miyakoさん

下戸は下戸なりに楽しめましたよ。
基本的に白熱灯の灯りが使われていたので、とても雰囲気があって素敵です。
有料ウイスキーは1杯100円くらいから有るそうなので是非行ってみて下さい。
敷地の真ん中にある椎尾神社の神紋が織田木瓜なのも嬉しいところです(笑)

プリンセストヨトミは映像化すると思いますよ。
絶対、映像化前提に書いていそうな内容ですしね。
花曜
2010/01/21 21:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

花個紋時計

続、書店員とウイスキー工場 職業、元本屋さん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる