綺麗で美味しそう

前々回書いた天然石ネタ、相も変わらず母の興味は尽きないのですが、先日、鉱物、化石、隕石etc.の展示販売会“ミネラルフェア”なるものへ行ってきました。 関西では年2回開催、大阪4月、京都10月。 写真は撮ってないので載せられませんが、想像以上に規模が大きい! 関西ではよく見かける有名な石屋さんや、海外の石屋さんも多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動けば雷電の如

幕末と言えば、新撰なんたらとか、坂本なんたらが有名ですが、基本的に歴史上の人物なんてどうプロモーションされたかによって人気は変わると思う。 某有名作家に過小評価されて、イメージ悪い人なんてのもいたり。 で私の好きな長州ですが、一番人気はこの人。 ★梅鴬撩乱★会田 薫梅鴬撩乱(1) (KCx ITAN)講談社 2011-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石に願いを?

母が天然石が大好きで、自分でブレスレットなんぞを作っているのですが、天然石ビーズを店で買うと高い! なのでネットで色々探してみたのですが、意外と安い物なのですね。 見ているうちにアクセサリー嫌いの私までも欲しくなって、ちょっと作りたくなってしまいました。 そんな訳でまずは石のお勉強。なのですが、基本的にパワーストーンに興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷えてませんか?

パンツが履けるようになりました。 職場の話です。 前回からの続きです。 が、が、冷えてます足が。寒いのです!恐るべしクーラーの冷気…。 そしてさらには、クーラー付けてない自宅ででも、なんだかつま先が冷えている気がします…。 子供の頃から靴下嫌いで、真冬も自宅では靴下履かなかった私が冷えとは…。 年ですかねぇ…(T_T)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツボっ!

足がだるいのです。 立ち仕事なせいもありますが、原因は冷房。 職場内の温度調整が出来ればよいのですが、残念ながら職場が入っている建物の温度なのでどうにも出来ず、節電云々のご時世に足を冷やして働いています。 春夏スカート、秋冬パンツの制服なのですが、寒いはずの秋冬は疲れ知らず、暑い夏は上は熱いのに下は寒い状態で足冷えまくり……
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

或る青年の私記

台風上陸ですね。 おかげで仕事が3時間繰り上げ、おかげで今こうしてブログを書いておりますが、あまり被害が出ないと良いですね…。 今日御紹介するのはこちら↓ ★信長私記★花村萬月信長私記講談社 花村 萬月 Amazonアソシエイト by ここに私の真実がある――織田信長氏絶賛!あの『信長公記』も真っ青!?  膨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もしかしたら誰もいなくならない殺人事件

ん?どこかで見たようなタイトルだって? 気のせいですよw 今日御紹介するのはこちら ★ある閉ざされた雪の山荘で★東野圭吾ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)講談社 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by   早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した男女7名。 これから舞台稽古が始ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ねこ武将いっぱい

近くの図書館が改装のため1年休館になりました…。 その図書館は分室で、あまり本が置いていないため、もっぱらネットで取り寄せで借りていたのですが、それができなくなって非常に困る! 休日に別の図書館で借りに行くのは良いのですが、返すのが困る! そんな訳で本は古本で購入して読んでいます。 読むには読んでいるので、ネタには困らな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もしかしたら誰もいなくなる殺人事件

こちらで紹介したうちの一つ、“テンリトルインディアン型ミステリー”が面白かったので、同じ系統のこちらを読んで見ました。 ★十角館の殺人★綾辻 行人十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)講談社 綾辻 行人 Amazonアソシエイト by 半年前、大分の孤島の館で起きた凄惨な事件。4人が殺害され、館は炎上。犯人は特定されず。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫、家を乗っ取る。

アンちゃんを拾って早10ヶ月…。 先日発情期が来たため、避妊手術を受けました。 雄と違って、開腹して子宮と卵巣を取らないといけないので、何とも痛々しくって可哀想なんですが、これも飼い猫の定めと思って欲しいです。 そんなさなか、衝撃的な本を読んでしまいました…。 ★猫語の教科書★ポール ギャリコ 猫語の教科書 (ちくま文庫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

女のいくさ

今日御紹介するのは、濃姫ファンの月夜の散歩さんお薦めのこの作品。 ★冬姫★葉室 麟 冬姫集英社 葉室 麟 Amazonアソシエイト by 織田信長の次女、冬姫が主人公。 母親が不明で、夫が蒲生氏郷というくらいしか解っていない冬姫ですが、この冬姫が主人公の連作。 作家は先程直木賞を受賞した葉室隣。 冬姫はとても穏や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アジア+アフリカの布

布を買っただけで満足している状態のワタクシでございます…。 さすがに形にしなければと思い、ぼちぼち消費しておりますが、ついつい買っちゃうんですよね。布。 この冬は買うまいと決めていた福袋も、年が明けて気がゆるんだのか、インドの布+雑貨の福袋買っちゃいました(^_^;) ルンギーやターイ族の布が入っていたのでまぁまぁ良かったです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

坊ちゃんと殺人事件

お友達が紹介されていた本を探しに図書館へ行ったら、同じ作家のこちらの作品があったので借りてみました。 夏目漱石好きなんですよね~。 ★贋作『坊っちゃん』殺人事件★柳 広司贋作『坊っちゃん』殺人事件 (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-11-25 柳 広司 Amazonアソシエイト by 四国から東京に戻…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大安の日に挙式を…

新年あけましておめでとうございます。 今年も超スローペースでブログ更新予定ですが、お付き合いのほどよろしくお願い致します。 仕事が年末年始超繁忙期のため、本は読んでいるものの、ブログ書けずじまいでした(^_^;) ネタは一杯あるのだけれど、図書館の返却期限が近いのが痛い…。 という訳で今日御紹介するのは、新年らし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭にもののけ

『偉大なるしゅららぼん』を読んだ時に、舞台である“石走”(架空の土地)って滋賀の佐和山の辺だったよな~と思い、ネットで検索していた時にたまたま見つけたのがこの作品。 ★家守綺譚★梨木香歩 家守綺譚新潮社 梨木 香歩 Amazonアソシエイト by ほんの百年すこし前の話。 主人公 綿貫征四郎 は、物書きを職業として…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホラー×ミステリー

読書メーターで色々見ていたら、面白そうな本があったので読んで見ました。 ★作者不詳 ミステリ作家の読む本★三津田 信三作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)講談社 2010-12-15 三津田 信三 Amazonアソシエイト by 作者不詳 ミステリ作家の読む本 (下) (講談社文庫)講談社 2010-…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

達磨さんがいっぱい 弐

という訳で忠太郎くんの達磨コレクションをどうぞ。 こちらも係の人の解説付きでした。 建物自体はそんなに大きくはなく平屋なのですが、中も外も達磨達磨達磨…。 屋根にも鬼瓦ならぬ達磨瓦…。 忠太郎くんは満州鉄道に勤めていた時、赴任先の大連で達磨に出逢い一目惚れ。 以後86歳で亡くなる50年ほどを達磨収集に努めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨さんがいっぱい 壱

木戸さんファンなら一度は行くであろう京都。 その京都で臨終を迎えたのが土手町の木戸孝允旧宅 拡大するとここ。アイコンの位置ずれてますが右側の孝允館です。 行ったは良いが、あまりの小ささに思わず「家小さっ!」と声を漏らした方もいらっしゃるのではないでしょうか。 声を漏らした後で家の一部だと言う事に気づくのですが…w …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゆるゆるメラメラ

太りました! 元は細くなかったのに、さらに太りました(T_T) 理由は仕事が変わったせい…。 通勤時間&距離が増えて歩く時間は多くなったのですが、肝心の仕事はほとんど歩かず。 立ち仕事では有りますが、前職の膝が痛くなるくらいとは行かず、消費カロリーも減り…。 困った時はパワーヨガなのですが、いかんせん勤務開始時間が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我等は湖の民

万城目学の新刊、図書館で予約していたんですが、予約件数の割に早く借りることが出来ました。 なんでかと思ったら蔵書数が多いんですね。 8ヶ月前に予約した本なんて2冊で回してるんで未だに読めてませんw ★偉大なる、しゅららぼん★偉大なる、しゅららぼん集英社 万城目 学 Amazonアソシエイト by 琵琶湖の街・石走いわばしり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リメイク×30

要らない物はすっきり捨てちゃった方が良いけれど、使えそうなものはなんか作り替えて使うと良いわ。が私のモットー。 ちょっとブログに載せてる物↓から、載せるほどでは無いものまで様々やっております。 ちょこっとリメイク デニムリメイク5日間 2代目はブラザー ちなみに“リメイク 画像”で検索すると出てくるのはほとんどデニム。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美味しいお茶を…

お茶というものは大抵なんでも好きで、値段問わず(もっぱら安物ですが…)飲んでいるのですが、それなりに高いお茶というのは美味しいですね。 たまには奮発して買った高いお茶、どうせなら美味しく飲みたいものです。 手っ取り早くは裏に書いてある説明通りに淹れると良いのですが、もう少し突っ込んで淹れてみたいという方へ。 正し紅茶です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり不思議

作家に寄っては色があって、この人のはドロドロ恋愛、この人のはファンタジー、この人のはハズレ無しとか勝手な思い込みがあるのですが、今回御紹介するのはやっぱり不思議。でしたw その作品は“本に囲まれて”の月夜さんお薦め 記事はこちら ★三月は深き紅の縁を★恩田陸三月は深き紅の淵を (講談社文庫)講談社 恩田 陸 Amaz…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫グッズ

月日が経つのも早いもので、我が家の愛猫アンちゃんも体重1kgを越えました。 日々、成長。飛びはね走り回っております。 500gでした。それが… ちょっと顔が大人に 壁紙用に両端を黒く加工してます。 毎日おっぴろげのPC画面を見ていますw 大きくなって知恵が付いたせいか、投げたものを持ってくる用にな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

現実的ファンタジー

昔はファンタジーって好きだったんですが、年を取り、厳しい現実を目の当たりにして、所詮最後はめでたしめでたしで終わるんでしょ、と最後が見えてるようでご無沙汰です。 そんな私が唯一許せるファンタジー、新刊を首を長~~~くして待っている作品。 ★月の影 影の海〈上〉 十二国記★小野不由美月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CGで再現

恐竜って、緑や茶色で描かれることがが多いけど、実際に恐竜を見た人はこの世にいない訳で、ましてや当時の写真や絵が残っている訳でもなく、イラストを描いた人が勝手に色を塗っているんですってね。 歴史も同じ感じで、それなりの史料が残っている状態+αで補っているって感じでしょうか? 当事者にしか解らない事はたくさんありますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とある復讐

心機一転転職したのは良いものの、覚える事が多くて多くて多くて多くて、頭の中が一杯になっております(^^;) 通勤時間は延びたので、本は読めそうなものの、行きは満員帰りはぐったりなんで、なかなか読めそうもありません。 そんな中ちまちま読んでたのがこちら。 今更という気もしますが、図書館に有ったたので借りてみました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫と転職と私

苦渋の決断で辞めた本屋。その後勤めた仕事を8ヶ月目にして辞めました。 理由は色々ありますが、私が働いていた部署というのは前任者が半年、その前が2週間、一番長くいた人で2年ほど、しかも仕事が嫌で他部署へ配属してもらったっという経緯有り。 働いてみて解ったけれど、とにかく精神的にしんどい。 手術室における色々の矢面に立…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あの人とお菓子

我が家のオーブンレンジが勝率5~0割という頻度でしか使えないため(壊れているともいいます)、最近は弁当もお菓子も作っておりません。 昔は焼き菓子が大好きでよく作ってたんですけどね。 そんな訳で焼き菓子本は読んでなかったのですが、これは可愛いので思わず借りてみました。 ★偉人が愛したスイーツ―クリムとドリムの冒険★吉田 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神社、寺、教会

買おう買おうと思ってて、忘れてた漫画を古本屋で発見!即買いしました。 こちら で紹介した、神社、寺、教会の息子3人が織りなすコメディ漫画 ★さんすくみ★絹田 村子さんすくみ 1 (フラワーコミックスアルファ)小学館 2010-11-10 絹田 村子 Amazonアソシエイト by 相変わらず家業に縛られ、女性に縁のない3人。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行ってらっしゃい地獄旅行

GW中どこか旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか。 私も萩とか、岐阜とか安土とか、行きたい所は多々あれど、時間と気力と金銭が付いてきません。 今日御紹介するのは一人1泊2日22000円の旅行に行った新婚夫婦のお話。 行き先は地獄 ★大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇★前田 司大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついてない男

ミステリー小説を読んでると、警察関係者でもないのに、なんでこの人殺人事件にばかり出くわすんだろうね。と思ってしまう。 出くわさないと話にならないんでそれは仕方が無いのですが、現実でも何かしら事件を引き寄せる人なんてのが居るのかもしれません。 今日御紹介する本の主人公も、何かしらを引き寄せる男。ついてない男。 三十路を越えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ねこ武将と戦国

ネットゲームにはまっております。 といってもじっくりする時間は無いので、お風呂入る前にちょこっととかなんですが、キャラクターが愛らしくって♥ それがこちら“信長の野望”ならぬ“のぶニャがの野望” Yahoo!JapanのIDがあればそのまま、無ければ登録が必要ですが、面倒くさいインストールとかは不要なので簡単に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

戦国女性の衣食住

本屋を徘徊していたら何とも素敵な本を見つけたので衝動買い。 記事タイトルそのまんまw ★決定版 図説 戦国女性と暮らし ★決定版 図説 戦国女性と暮らし (歴史群像シリーズ特別編集)学習研究社 2011-02-02 Amazonアソシエイト by お値段お高いですが、フルカラーでこの内容なら納得。 衣食住に戦国時代の姫もの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょこっとリメイク

気合いの入った洋裁がなかなか出来ないので、ちょこっと簡単にできるリメイク物に励んでおります。 まずはストールをジレ(ベスト)にリメイクした物。 元はこちらのストール。↓ これを型紙を使わずジレにするのですが、写真を撮りづらいので折り紙で御紹介。 いつにもまして写りが悪いですがご勘弁。 まずはストール…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

瑠璃玉の耳輪

地震の影響です節電が行われていますが、地震云々は別として大事なことですよね。 と言う訳でもともと節電経口の我が家も、少しだけネットの時間を減らし読書に当てるようにしてます。 今日御紹介するのは“本に囲まれて”の月夜さんがお薦めされてた ★瑠璃玉の耳輪★尾崎翠/津原泰水琉璃玉の耳輪河出書房新社 津原 泰水 Amazonア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地震…

本来日曜のこの時間は、テレビなんぞを横目で見つつ、ブログを書くのが恒例なのですが(先週は飛んじゃったけど)、さすがに今日はいつもどおりには書けません。 金曜の地震があった時、私は一応働いておりまして、薬品庫から倉庫への移動中。 倉庫へ着いたとたん上司から「今、地震あったやんな?!」の声。 私も先輩も動いていたので全く解らず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マドリスト

住宅の間取りをこよなく愛する人をマドリストというそうです。 引っ越し予定がある訳でも、購入資金が有る訳でも無いけれど、不動産屋のチラシを見るとついつい妄想をふくらませたり、自分好みの間取りを書いてしまう人の事のようです。 そんな私もマドリスト。 昔は新聞を購読していたので、つい不動産屋のチラシを見つけてはどこに家具を置くの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

買われる女

こちらで御紹介した宮木あや子のデビュー作を御紹介。 “女による女のためのR-18文学賞”を受賞した作品。 ★花宵道中★宮城あやこ花宵道中 (新潮文庫)新潮社 宮木 あや子 Amazonアソシエイト by 小説を漫画化したのがこちら↓ ★花宵道中★宮城あやこ/斎木久美子花宵道中 1 (フラワーコミックスアルファスペシャル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三十一文字の恋の歌

図書館で予約してから3ヶ月待ちの本がようやく届きました。 中身は本屋で立ち読みしてたから知ってるんですけどね。 でもちゃんと読んで見たかったのですよ。 ★超訳百人一首 うた恋。★杉田圭超訳百人一首 うた恋い。メディアファクトリー 杉田 圭 Amazonアソシエイト by 百人一首に選ばれている恋の歌43首より、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

波瀾万丈お姫様

たまに本棚を見ていると、こんな本買ってたのねと思う時があります。 今日御紹介するのは歌舞伎を漫画にした作品。 元ネタは歌舞伎の“桜姫東文章” ★花の名の姫君★木原 敏江花の名の姫君 (秋田文庫)秋田書店 木原 敏江 Amazonアソシエイト by 物語は修行僧 清玄と稚児 白菊丸の心中未遂から始まる。 17年後、吉田家の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おとりよせ

おとりよせ…昔は聞かなかった言葉ですが、最近使われるようになりましたよね。 意味は通販などで食品を取り寄せるの意味かな? 大抵のおとりよせは自分で注文するので“お”を付けるのは変な気がする今日この頃。 そういう私もネット通販で色々買ってました(^_^;) リピートするのも有れば、1回こっきりのもあります。 今日御紹介す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

超短編

寝食を忘れてとか、気がついたら一気読みとか、そういう本に最近はお目に掛かりません。 ついつい“後のこと”を考えてしまうのが悲しい所。 なので今読んでる本も遅々とした歩みでございます。 そんな方にお薦めしたいのが凄く短い話、ショートショート。 ★ボッコちゃん★星新一ボッコちゃん (新潮文庫)新潮社 星 新一 Ama…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書管理

読んだ本を管理するって、なんだかご大層な感じがしますが、2009年の9月頃から、読んだ本をWordに書いて保存してます。 書き始めたきっかけは、図書館で借りた本を返し忘れないためだったんですが、最近はネットで貸し出し状況が解るので、残す必要は無くなりました。 が、ある程度冊数が溜ると面白いんですよね。このとき、こんなの読んでたのかっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恋は思い通りにゆかぬもの

ふらりと本屋を徘徊していたら、素敵な表紙の漫画を発見。どうやら原作は小説のよう。 先に原作を読もうと思い調べてみると、私の好きな時代の話を書いているので、そちらを先に読むことにしました。 ★泥ぞつもりて★宮木 あや子泥(こひ)ぞつもりて文藝春秋 宮木 あや子 Amazonアソシエイト by こひぞつもりて と読みます。 平…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

まったりカフェ

昨日から1月3日まで仕事はお休みです。 休みなのは嬉しいのですが、いつか休みは終わるもの…。休み明けは仕事かと思うとこれまた気分はブルーなのです(^^;) が、そんな先のことを思い悩んでいても仕方が無い!せっかくの休み、適当に掃除をこなしつつ、のんびりだらだら本でも読みたいと思います♪ さて、今日御紹介するのは、1年あるい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎に舞台にゲームに…

たま~にAmazonで検索すると好みの本が見つかります。 先週も同じようにして探していたらなんだか変わったのが引っかかりました。 ★蝶の紫★コリー・ファルコン スコット蝶の紫文芸社 コリー・ファルコン スコット Amazonアソシエイト by Amazonで中身が出来たので買って見たのですが…。 何人なのか解らない作家が書…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

縁起物 ~2010~

正月が近くなると目に付く本も違うんでしょうか(^^;) もともと好きとはいえ、何かに救いを求めているのかもしれませんw 今日御紹介するのは、 ★知っているとうれしいにほんの縁起もの★広田 千悦子知っているとうれしい にほんの縁起もの徳間書店 広田 千悦子 Amazonアソシエイト by ちなみに2008年の縁起物はこちら …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あをによし寺&仏像 弐

法隆寺に別れを告げ奈良市内へ。 ちなみに近鉄電車だと、筒井駅→大和西大寺→近鉄奈良です。 そもそも奈良に行こうと思ったのは、遷都1300年だからでは無く、この本を見たから。 ★仏像ワンダーランド奈良★仏像ワンダーランド奈良 (JTBのMOOK)ジェイティビィパブリッシング Amazonアソシエイト by 本屋で働いてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あをによし寺&仏像

今週は2連休なので、昨日の土曜日私鉄+近鉄+奈良交通のバスが1日フリーパスで奈良へ行ってきました。 どの私鉄を利用するかにもよるんですが、私の愛用のおけいはんからだと1500円。 普通に往復するだけでも元が取れます。 こちらのフリーパス、メインが奈良・斑鳩なので、今回は小学校の時の遠足で行くはずだったけど、当日風邪引いて行…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more